蜂の子大百科

前へ
次へ

蜂の子が女性の不調を改善する

蜂の子は高齢の特に女性が摂るべき食べ物と考えられています。その理由は高齢の女性がなりやすいメニエール病に蜂の子が効くからという理由の他に、蜂の子には生理痛・生理不順・冷え性・PMS・更年期という女性に特徴的な問題を改善する効果があるからという理由もあります。

蜂の子が女性のための食べ物とされてきた歴史

歴史的にも蜂の子は女性の問題を解決するための漢方薬として使われてきた伝統があります。中国の明の時代に書かれた医学書の「本草綱目」の中に蜂の子は女性の生理に関する問題を解決するという内容が書かれています。

不調の原因

生理痛・生理不順・冷え性・PMS・更年期は共通して、自律神経の乱れ・血流の悪さ・ホルモンバランスの乱れによって悪化するという特徴があります。蜂の子は自律神経の乱れ・血流の悪さ・ホルモンバランスの乱れを改善する効果があるので、女性のための食べ物と考えられています。

蜂の子が女性の問題を改善する

自律神経の乱れを整える

蜂の子には自律神経を整えるさまざまな栄養が含まれています。
特に重要な栄養はトリプトファンです。トリプトファンはセロトニンの原料となるアミノ酸です。
トリプトファンは必須アミノ酸という、人体では生成できないために食事などを通して体外から摂取する必要があるアミノ酸の一種です。
必須アミノ酸は一種類だけを摂っても効果を発揮しないという特徴があるので、必須アミノ酸をバランスよく摂る必要があります。
蜂の子は必須アミノ酸を全て含む18種類のアミノ酸を含む完全タンパク質です。
トリプトファン以外にも蜂の子に含まれるビタミンAやビタミンB群は自律神経の乱れを整える効果があります。

また、蜂の子に含まれるチロシンは自律神経の乱れの原因であるストレスに効果があります。 チロシンは体内でドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンに変換されて、ストレスを解消し、精神疲労を回復させる効果があります。アドレナリンが増えることによってやる気を増やす効果もあります。

ホルモンバランスを整える

蜂の子に含まれるアミノ酸の一つのアルギニンは男女ともにホルモンバランスの乱れを整える効果と血流を良くする効果があります。アルギニンは女性ホルモンであるエストロゲンの代わりとして働いたり、過剰なエストロゲンを抑えたりする効果があります。アルギニンは非必須アミノ酸で、体内で生成できるアミノ酸です。しかし体内で生成する分だけでは不足しがちのアミノ酸です。

ページのトップへ戻る